最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

脱藩さむらい 抜け文 (小学館文庫)

  • 69 読みたい
  • 9 現在読んでいるもの

発行元 金子成人 .

    Download 脱藩さむらい 抜け文 (小学館文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 脱藩さむらい 抜け文 (小学館文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 脱藩さむらい 抜け文 (小学館文庫) 無料で, 本の無料読書 脱藩さむらい 抜け文 (小学館文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 脱藩さむらい 抜け文 (小学館文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  金子成人
    • レーベル:  小学館文庫
    • シリーズ名:  脱藩さむらい
    • 発売日:  2019年11月06日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4325497730003
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    割れる藩論に引き裂かれた夫婦の運命は?


    「謀反を企んで出奔した、妻の実弟を斬れ」、石見国浜岡藩大目付・平岩左内から密命が下った。意に沿わぬが、逆らえるわけもない。同心頭の香坂又十郎は義弟・兵藤数馬を追うべく、藩を後にした。一路東へ、妻の万寿栄を残したままーー。そして、足を踏み入れた江戸。覚悟を決め、数馬をあの世に送った又十郎だったが、藩の身勝手な事情により、脱藩者扱いにされてしまう。さらに、江戸屋敷の目付・嶋尾久作が、非情な裏の仕事まで押し付けてくる。いったい浜岡藩では、今なにが起こっているのか……。数馬が最期に口にした、「江戸、下屋敷、筧道三郎はーー、筧には」という謎めいた言葉を頼りに真相を探ろうとする又十郎。しかし、国元の妻を人質にされたうえに見張りまでつけられ、思うように動けず、なかなか真相にたどり着けない。公儀に抜け荷を疑われ、必死に闇で闘争を続けてきた浜岡藩だが、本当に潔白なのか? まさか、公儀が捏造しようとしているのか? そして、筧道三郎とは敵なのか味方なのか? 見張りの目を盗み、万寿栄へ送った抜け文が事態を大きく変えるが……。再び最愛の妻と抱き合うために、正義の田宮神剣流を振るう! 大河時代小説シリーズ第3弾!

あなたも好きかもしれません

脱藩さむらい 抜け文 (小学館文庫) by 金子成人 ダウンロード PDF EPUB F2