最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒 (ちくま新書)

  • 17 読みたい
  • 3 現在読んでいるもの

発行元 伊藤邦武 .

    Download 世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒 (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, 世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒 (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする 世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒 (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒 (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒 (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  伊藤邦武, 山内志朗, 中島隆博, 納富信留
    • レーベル:  ちくま新書
    • シリーズ名:  世界哲学史
    • 発売日:  2020年04月17日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591229287910
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    13世紀、ヨーロッパは都市の発達、商業の成長、教育と大学の充実など様々な面で大きな発展を遂げ、世界史の舞台の中心へと歩を進めた。一方でモンゴル帝国がユーラシア大陸を横断的に征服したことで、世界は一体化へと向かっていった。その中で、世界哲学はいかに展開したのか。ユーラシア大陸の両端に現れた鎌倉仏教と托鉢修道会の運動など、超越的なものへの受動的な服従に還元できない個人の覚醒のありようを、同時代の諸文化の影響関係を視野に入れながら考察していく。

あなたも好きかもしれません

世界哲学史4 ──中世II 個人の覚醒 (ちくま新書) by 伊藤邦武 ダウンロード PDF EPUB F2