最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

どこと組むかを考える成長戦略型M&A――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現

  • 32 読みたい
  • 57 現在読んでいるもの

発行元 分林保弘 .

    Download どこと組むかを考える成長戦略型M&A――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現 本 Epub や Pdf 無料, どこと組むかを考える成長戦略型M&A――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現, オンラインで書籍をダウンロードする どこと組むかを考える成長戦略型M&A――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現 無料で, 本の無料読書 どこと組むかを考える成長戦略型M&A――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 どこと組むかを考える成長戦略型M&A――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  竹内直樹
    • 発売日:  2017年09月14日
    • 出版社:  プレジデント社
    • 商品番号:  4770051220000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    売るか買うかではない。

    大切なのはどこと組んで成長するか。


    日本における中堅・中小企業M&Aの潮流は、後継者不在による事業承継型から、会社の成長を実現する手段としてM&Aを選択する成長戦略型へと移行しつつある。社会の産業構造が激変、ビジネスにおいてカテゴリーを越えた「異種格闘技戦」ともいえる状況が繰り広げられているいま、中堅・中小やベンチャー企業が勝ち残るには、自社のステージを引き上げるためのパートナー選びが重要だ。そのためには、まずは会社を「売る」か「買う」かという思考を捨て、ゼロベースでのM&A戦略を考える必要がある。


    本書では、M&Aにより会社・社員・経営者すべての成長と、経営者の新たなステージへの挑戦を可能にした最新の8社の事例と、IPO(株式公開)と変わらない効果を実現するためのM&A=「ミニIPO」の知恵と考え方を紹介。日本におけるM&Aの最前線を知るだけでなく、アフターオリンピックを見据えるための一冊でもある。


    【著者紹介】竹内直樹(たけうち・なおき)

    株式会社 日本M&Aセンター 上席執行役員/株式会社 事業承継ナビゲーター 取締役

    2007年、日本M&Aセンター入社。2014年執行役員事業法人部長、2017年ダイレクト事業部 事業本部長 兼 上席執行役員就任(現任)。入社以来、日本M&Aセンターが10年で売上が5倍となるなか、その成長を牽引し、100社を超えるM&Aを支援。産業構造が激変する現在、中堅・中小企業やベンチャー企業が一段上のステージへ成長するための支援を行う一方で、セミナーや講演を通じての啓発活動でも活躍する。


    【目次より】

    第1話◆「成長戦略型M&A」とは何か?

    第2話◆「価値情報」を活用できる会社が勝ち残る

    第3話◆人の成長なくして企業の成長なし

    第4話◆大手企業と組んで中間流通業から脱却

    第5話◆ファンドを活用したM&Aで会社を成長させる

あなたも好きかもしれません

どこと組むかを考える成長戦略型M&A 「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現 by 分林保弘 ダウンロード PDF EPUB F2